読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポリピッツァ食人協会 青年部長

全国ピッツェリア訪問300店舗以上。ナポリピッツァやイタリア料理をはじめ、たまには違うジャンルの食べ歩きをメモ書き程度に綴ります。

とうふ屋うかい大和田店

日本料理・居酒屋 東京都

とうふ屋うかい(東京都八王子市)
門をくぐると小京都。
うかいグループの中でも豆腐料理に特化した懐石料理のお店です。
最初に出てきた胡麻豆腐の揚げ豆腐から絶品のオンパレード。出汁と豆乳をバランスよく組み合わせた湯豆腐、油揚げを炭火で炙ったものなど、手を加えた料理が多く見られました。
郊外型のお店としては、うかいらしく上級の雰囲気作りに徹底していますが、サービスの部分では人によってばらつきがあり、軽い感じの接客も見受けられました。

 

f:id:minezaki:20170319015919j:image

 

f:id:minezaki:20170319015953j:image

 

f:id:minezaki:20170319020015j:image

 

f:id:minezaki:20170319020036j:image

 

f:id:minezaki:20170319020055j:image

 

f:id:minezaki:20170319020116j:image

 

f:id:minezaki:20170319020134j:image

 

f:id:minezaki:20170319020150j:image

 

f:id:minezaki:20170319020212j:image

 

f:id:minezaki:20170319020227j:image

歴史ある神戸の洋食を味わいたくて

フランス料理・洋食 兵庫県

大正12年創業 神戸元町 伊藤グリル
神戸旅行行くのに友達の皆様に助言いただき、お薦めいただきました。神戸南京町広場の隣の2階に店舗があり、4代続く洋食屋さんとして風格を感じる店構えです。

 

f:id:minezaki:20170319012656j:image


せっかく神戸へ来たので、ここは大奮発して神戸牛ステーキ200gをオーダー。上品な脂に細かな繊維質のお肉をグリルし、伊藤グリル秘伝のソースでいただき大変美味しゅうございました。ステーキはやはりでかいに限る(笑)

 

f:id:minezaki:20170319012739j:image

 

f:id:minezaki:20170319012755j:image


他にもビーシチューやビーフカツレツなども人気のようで、次回はそちらもいただきたいと思います。
夜はカウンター席の目の前にある焼き場で焼いていただけるそうなので、ランチとは違ったワンランク上の雰囲気も味わえるそうです。

 

f:id:minezaki:20170319012809j:image

 

f:id:minezaki:20170319012826j:image

 

伊藤グリル
078-331-2818
兵庫県神戸市中央区元町通1-6-6 イクシマビル 2F

 

 

目黒 鳥しき - 焼鳥屋とは思えぬ洗練された味とサービスに感激しました -

日本料理・居酒屋 東京都

目黒 鳥しき

f:id:minezaki:20170317184604j:plain

予約を入れるためにある人は200回以上リダイヤルアタックをかけ、誘われたら感謝すべきとまで言われる予約が全く取れない名店。
食べログでは現在4.56。焼き鳥ジャンル日本一に加え、焼き鳥屋にしてグルメガイド ミシュラン一つ星。
今回はお友達の予約に誘っていただきました。誘って頂いた姉さんに大感謝です。

f:id:minezaki:20170318175246p:plain

一般的には遠火の強火と聞きますが、鳥しきは直火の強火。
鳥の鮮度にこだわり、種類も多彩。秘伝のタレは甘さ辛さ抑えめで鳥の味が引き立っている感じでした。

一番最初に驚いたのは、ウズラの卵。一口頬張ると、中からとろっとした黄身が流れ出してきます。
とろっと系の驚きと言えば、鳥レバー。こちらもとろりと流れ出て来るレバーに感動します。
締めは、親子丼を頼んでみました。締めのご飯物という感覚で、量は少なめですが黄身の存在感が半端なく、そして美味いです。

焼き物もさる事ながら、細やかなサービスも心地よい。こんな焼き鳥屋があったんですね。

19時スタートで串16本とワインを2本開け(1本は持ち込み)、締めに親子丼、おみやのお弁当もしっかりゲットし、これもまた家の帰ってからの楽しみです。

お店のご案内

鳥しき
03-3440-7656
東京都品川区上大崎2-14-12

f:id:minezaki:20170317191212j:plain

f:id:minezaki:20170317192118j:plain

f:id:minezaki:20170317193042j:plain

f:id:minezaki:20170317195210j:plain

f:id:minezaki:20170317195552j:plain

f:id:minezaki:20170317201633j:plain

f:id:minezaki:20170317203317j:plain

f:id:minezaki:20170317204247j:plain

f:id:minezaki:20170317210831j:plain

f:id:minezaki:20170317213429j:plain

f:id:minezaki:20170317215237j:plain

f:id:minezaki:20170317221231j:plain

f:id:minezaki:20170317223252j:plain

f:id:minezaki:20170317224707j:plain

f:id:minezaki:20170317231256j:plain

f:id:minezaki:20170317232154j:plain

f:id:minezaki:20170318072146j:plain

全国ピッツェリア巡り339店舗目 ピッツェリア エ オステリア ムギ

ナポリピッツァ イタリア料理(イタリアン) 東京都

全国ピッツェリア巡り339店舗目

3月10日に地元立川にオープンしたピッツェリアのオープン2日目に行ってきました。
場所はJR立川駅南口から徒歩2分ぐらいのビル3階にあり、エレベーターで入口まで行きます。

薪窯は、FBなど見ていると私が面識のない日本人薪窯職人が、レンガとセメントで組み上げた物の様です。
煙突は、現在全国のピッツェリアでの施工シェア70%を誇る宮村工作所が請け負っています。

今回頼んだメニューは、

・前菜盛り合わせ 
・ピッツァ マルゲリータ
・北海道産四元神威豚肩ロースの窯焼きポルケッタ
・ババ
・エスプレッソ
・メッシーナ
・グラスワイン赤

前菜盛り合わせ

f:id:minezaki:20170312115355j:plain
前菜盛り合わせは、黒板メニューで今のところ通常メニュー扱いではないみたいです。一人前でも結構なボリューム。
パサパサのテリーヌと、レバーのパテの土台になっていたパサパサのパンがかなり気になりましたが、その他は美味しくいただけました。

ピッツァ マルゲリータ

f:id:minezaki:20170312115442j:plain
来店前から気になっていた事があります。
ここのオープンは3/10。煙突工事が終わり薪窯に火入れを始めたのが3/1。実質窯焚きをした期間が10日間。経験上、薪窯職人が現地で組み上げたものは、完全に乾燥するまで大きい薪窯で半年、こちらの店舗の様なコンパクトな薪窯でも最低1カ月はかかります。乾燥しないと蓄熱性が悪く、火力も十分に出せないなので(乾燥しないうちにガンガン焚くと膨張などで窯が割れたり、炉床が爆発したりします)、ピッツェリアのオープンブームに乗っかって開いた系ではないかと心配していました。
実際に出てきたマルゲリータは、案の定裏面の焼きが甘かった。
f:id:minezaki:20170312115506j:plain
薪窯がベストな状態になるのは毎日焼く枚数にも来月ぐらいかな。
ちなみに生地はイタリア産小麦粉と国産小麦粉のブレンドです。モッチリ感を出すつもりで国産小麦粉をブレンドしていると思いますが、薪窯の状態が100%になり蓄熱性が今より上がったら、開店時のレシピだと生地の表面が硬くなると思います。
ピッツァイオーロは、手つきからみてピッツェリアでの修業経験があるみたいですが、技術的にはまだまだ若手。
チーズは伊ナポリ ポンティコルボ社のモッツァレラ、トマト缶もイタリアの物を使っていると思われ、こちらは高評価です。
モッツァレラチーズのトッピングのバランスが中心に集まりすぎていたのが気になりました。木のパーラに乗せた後、窯に入れる前にチーズのバランスを手直しされた方が良いと思います。

北海道産四元神威豚肩ロースの窯焼きポルケッタ

f:id:minezaki:20170312115516j:plain
ポルケッタは激ウマでした。薪窯で火入れし盛り付けた後にひと手間加えているようで、お肉のジューシーさと香ばしさを美味しく味わう事が出来ました。

ババ

f:id:minezaki:20170312115531j:plain
ナポリの郷土菓子ババ。立川市近郊のイタリア料理店で出しているのは初ですね。
ババの生地がパサついていて食感が悪い事と、シロップにラム酒が足らず締まらない感じになっています。

・エスプレッソ
f:id:minezaki:20170312115538j:plain
カップから見て、伊ローマのBondolfi社を入れているみたいです。
本物のイタリアンカフェがほとんど浸透していない立川で、本物のエスプレッソが飲める貴重なお店が増えうれしい限りです。

総評としては、イタリア色の強いお店ではなく、料理やアルコールの品揃えからして、日本人が考えるイタリアン居酒屋との中間みたいなお店。席数も多いのでパーティや仲間との飲みで利用できるシーンが多いと感じました。
ピッツァに関しては、三か月後にどう変化しているかで、こちらのお店やオーナーがナポリピッツァに対してどう考えているかがわかると思います。できればなんちゃってピザよりは本物のナポリピッツァを出すお店に成長してほしいと強く望みます。
期待していますよーーー、ムギさん!!!

今回のお店

Pizzeria e Osteria MUGI
東京都立川市柴崎町3-3-7 山三電機ビル3階
TEL:042-595-6153
17:00-24:00

フォコラーレ スペシャルディナー@名古屋市チェザリ

イタリア料理(イタリアン) ナポリピッツァ 愛知県

2017年2月14日、名古屋のピッツェリア トラットリア チェザリで開かれたスペシャルディナーイベントに参加してきました。

イスキア島人気レストラン"フォコラーレ"アゴスティーノシェフが作るイスキア郷土料理と世界一のピッツァ

f:id:minezaki:20170216184408j:plain

写真の右手が今回のイベントの為にイタリアから来日されたトラットリア フォコラーレのシェフ アゴスティーノ氏、左手はチェザリ&ソロピッツァナポレターナを率いるナポリピッツァ世界チャンピオン牧島昭成氏。

今回コラボされるトラットリア イル フォコラーレは、シェフのアゴスティーノ氏を筆頭に家族で切り盛りする伝統あるトラットリア。
イスキアの不便な山中に位置しているのですが、イタリア国内はもちろん、世界中から彼らの料理を求めて遠路はるばるお客様が集まってこられる人気店だそうだ。

フォコラーレの伝統的なイスキア島の郷土料理と、フォコラーレ氏と親戚にあたるイスキア島の最上級ワイナリー、カーサダンブラのワイン、そして世界チャンピオン、パシュクアーレ牧島のナポリピッツァが日本で楽しめると言うスペシャルイベント。

牧島昭成氏が、イタリアでの13年前の修業時代から親交のあったアゴスティーノシェフとのコラボを以前から考えていらっしゃり、今回念願かなっての開催となったそうです。

後述の料理をご覧いただくとわかるとおり、前菜からパスタが出てきます。ドンドンドーーーンとお腹が満たされていく幸せが思う存分味わえます!

スペシャルディナーのメニュー

前菜

スパゲッティのフリット

f:id:minezaki:20170216190525j:plain

f:id:minezaki:20170216190616j:plain

茄子とモッツァレラ、トマトの重ね焼き 田舎風

f:id:minezaki:20170216190610j:plain

f:id:minezaki:20170216190626j:plain

パルミジャーノのクレーマブリュレ トリュフの香り

f:id:minezaki:20170216190550j:plain

f:id:minezaki:20170216190641j:plain

豚肉のミートボール カリカリ仕立て 赤ワインソース

f:id:minezaki:20170216190658j:plain

ピッツァ

マルゲリータ エクストラ

f:id:minezaki:20170216190708j:plain

パスタ

ルーコラを練り込んだパスタ”カヴァッテリ”のトマトソース ペコリーノチーズ風味

f:id:minezaki:20170216190730j:plain

メイン

イスキア名物!ウサギ肉とプチトマトの白ワイン煮

f:id:minezaki:20170216190750j:plain

厳選!Tボーン・豚肩ロース・自家製サルシッチャの盛り合わせ

f:id:minezaki:20170216190800j:plain

ドルチェ

パンナコッタ フォコラーレ風、グラスに入ったレモンタルト

f:id:minezaki:20170216190823j:plain

今夜のワインはカーサダンブラ社

ビアンコレッラ・イスキア・ビアンコ(白)
イスキアの土着品種ビアンコレッラを主体に造られた、繊細できれいな酸味が特徴の白ワイン。
ペッレ・パルンモ・イスキア・ロッソ(赤)
ペッレ・パルンモはカンパーニア州の土着ブドウ、ピエディ・ロッソの同種といわれているブドウ。
f:id:minezaki:20170216191023j:plain

今回のお店

正式なナポリピッツァ 世界チャンピオンのお店
ピッツェリア トラットリア チェザリ
〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-36-44 TEL.052-238-0372
定休日:毎週火曜・水曜日(祝日・お盆・年末年始などは変更有)
ランチ:11:00~15:00(14:30ラストオーダー) / ディナー:18:00~22:00(21:30ラストオーダー)

f:id:minezaki:20170216191839j:plain