読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポリピッツァ食人協会 青年部長

全国ピッツェリア訪問300店舗以上。ナポリピッツァやイタリア料理をはじめ、たまには違うジャンルの食べ歩きをメモ書き程度に綴ります。

カプート社から新発売「クリシト」を使った生地を食べくらべ(名古屋 ナポリピッツァ)

ナポリピッツァ 愛知県

カプート社から発売開始になった粉末状リエビト・マードレ「クリシト」の効果を実際に違う職人が練った生地で食べくらべる貴重な体験ができました。

今回伺ったお店はこちら↓↓↓

f:id:minezaki:20131223135320j:plain

トラットリア ピッツェリア チェザリ

愛知県名古屋市中区大須3-36-44
TEL.052-238-0372

カプート社の粉末状のリエビト・マードレ「クリシト」については、チェザリの牧島さんのブログをごらんください。

いよいよ発売開始!カプート社「クリシト」|世界一のピッツァ職人 パシュクアーレ牧島の公式ブログ 『パシュブロ=ピッツァ職人の、愛のある日記』

今回は2日間に渡ってチェザリでナポリピッツァを食べさせて頂く機会をいただきました。クリシトの使い方は天然酵母と併用だそうです。では早速!

1日目・ディナータイムに今年のカプートカップ日本大会で優勝した太田 真代さんが練った生地を牧島さんが焼いたマリナーラ。

f:id:minezaki:20131222194708j:plain

そして2日目・ランチタイムに牧島さんが練った生地を牧島さん本人が焼いたマリナーラ。

f:id:minezaki:20131223143358j:plain

牧島さん曰く、太田さんと牧島さんの生地の違いは「クリシト」の使用量だそうです。

太田生地は、食べた時の酵母の香りが鼻孔を抜けて生地全体に甘さがあります。一方牧島生地は、運ばれてきた瞬間小麦の焼けた良い香りが印象的。味は最初小麦の味が、その後にまろやかな塩味を感じました。また、二つを食べくらべる事ができて初めて気付いた点は、クリシトの量が多いとドライイーストを使用した時の様な独特な風味が生地にプラスされるという所でした。

生地の発酵を助け風味をアップさせる点ではやはり牧島生地の方が、元来のチェザリの生地の美味さをアップさせていると感じた次第です。実際に使用される職人さんは、規定の量から減らして行きお店の生地に合う量を調整された方が美味しさが更にアップすると思います。

 

ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ  ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
上記のバナーをそれぞれクリックして頂けたら励みになります。

チェザリイタリアン / 上前津駅大須観音駅矢場町駅
昼総合点★★★★ 4.5