読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポリピッツァ食人協会 青年部長

全国ピッツェリア訪問300店舗以上。ナポリピッツァやイタリア料理をはじめ、たまには違うジャンルの食べ歩きをメモ書き程度に綴ります。

山形県河北町をイタリア野菜の産地に『かほくイタリア野菜研究会』

気になるメモ イタリア料理(イタリアン)

私が「かほくイタリア野菜」の事を初めて知ったのは昨年の事だったと思います。
中目黒にあるリストランテ「カシーナ カナミッラ」へ食事に伺った際、オーナーの長本さんに「Sagra麗人野菜料理コース」の事をお聞きし、その中で「かほくイタリア野菜」を使っているとお聞きいたしました。

それから少し時間が空いてしまいましたが、今回11月18、19日都立産業貿易センター浜松町館で開催されましたイタリア料理専門展「第4回ACCI Gusto」内で、ブースに伺い色々拝見させていただきました。

f:id:minezaki:20141119124326j:plain

「国産のイタリア野菜を使いたいが品物がなくて買えない」そんなイタリアンシェフの一言からこの事業は始まったそうです。
「欲しがっている人がいるのに品物がない、それならばわれわれが作ってしまおう。」とお考えになり取り組みを始められました。

f:id:minezaki:20141119124332j:plain:w290 f:id:minezaki:20141119124341j:plain:w290

たくさんあるイタリア野菜の中から、各界の協力者・関係者と話し合い、栽培の中心に据えたのが、イタリア野菜の大様とも言われる高級冬野菜の「トレヴィーゾ」だったそうです。
トレヴィーゾの原産地はアルプス山脈の寒冷な地域で、山形県と気候環境が似ています。また。12月から3月頃まで出荷が可能なので、冬場の畑を利活用できることも利点と考えました。と、お話しを伺いました。

f:id:minezaki:20141119124355j:plain:w290 f:id:minezaki:20141119124401j:plain:w290

また、2014年10月1日には「かほくイタリアフェスタ」が山形県河北町で行われ、河北町関係者、日本を代表するシェフや業界関係者が集合し盛大に開催されました。

お忙しい中ご案内していただきました、かほくイタリア野菜研究会の芦埜様(写真 右)と、野菜ソムリエの渡辺様(写真 左)、本当にありがとうございました。かほくイタリア野菜研究会および山形県河北町農業の益々のご発展をお祈り申し上げます。

f:id:minezaki:20141120183544j:plain

企業組合 かほくイタリア野菜研究会
山形県西村山郡河北町谷地月山堂654-1
TEL:0237-73-2122
http://kahoku-italia-yasai.com/

平成23年3月
 かほくイタリア野菜プロジェクト始動
平成23年6月
 4名の融資によって試験栽培スタート
平成24年5月
 新規会員を募集し12名でかほくイタリア野菜研究会が設立
平成25年4月
 これまで任意組織であった会を「企業組合かほくイタリア野菜研究会」として設立し本格販売開始

主な栽培品目
・フィオッキオ
・ルーコラ・セルバチィカ
・バジル
・カプリス
・リーキ
・ターニップ
・カーボロネロ
・トレヴィーゾ・タルチィーヴォ

※ 文章の一部は、かほくイタリア野菜研究会様発行のパンフレットより引用させていただきました。

ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして頂けたら励みになります。
にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ