突撃!となりのイタリアン

旅行の合間に立ち寄ったお店や、イタリア料理店での記録を綴っています。

ジョアンズキッチン・シャトン 盛岡イタリアン

東北三大祭りの旅、盛岡で途中下車

夏休みを利用して行った東北三大祭りを巡る旅。秋田竿燈祭り→青森ねぶた祭りと参加し、次の目的地は仙台の七夕祭りでしたが、その途中でどうしても伺いたかったイタリア料理店が盛岡にありました。

去年暮れにも突撃を試みたのですが、あいにく年末営業の終了日を過ぎておりお店はお休みで伺う事がかないませんでした。

盛岡で行きたかったお店の名前は「ジョアンズキッチン・シャトン」シェフのJoãoさんとはFACEBOOKで二年前に知り合いになりました。いつもおいしい料理の投稿を拝見させていただいており、機会があったらぜひ食べてみたいと思っていました。

お店は、岩手県庁のそばにあります。盛岡駅からは、バスとかタクシーもあると思いますが、私はせっかくなので盛岡の街並みを楽しみながら徒歩で20分ぐらいかけてお店へ伺いました。

f:id:minezaki:20150807170015j:plain

ジョアンズキッチン・シャトンの料理

せっかく盛岡まで伺ったので、シェフのおすすめコースを頼んでみました。

久慈産イガウニのマリネ

小ぶりでしたが、旨味の詰まった美味しいウニでした。
これ食べて思い出したことが・・・あまちゃんの故郷を巡る東北の旅を実施していない事に気づきました。じぇじぇじぇ!
f:id:minezaki:20150807171026j:plain

アンティパストミスト

どの品も一つ一つしっかりと手をかけてあり、前菜としてはとても贅沢なお皿でした。
f:id:minezaki:20150807171850j:plain

三陸産アブラメのカルパッチョ

初夏が旬のアブラメ。脂肪が多いと思っていましたが、さほどしつこくなく身も厚くて弾力もしっかりあり美味しいです。
f:id:minezaki:20150807172821j:plain

シェフのスペシャリテ

イカスミを練り込んだパスタに海老の頭で出汁を取ったソース。
f:id:minezaki:20150807174532j:plain

パドロンとカラスミの自家製パスタ

緑のそんなに辛くない唐辛子がパドロンですが、これって「遠野パドロン」か聞き逃してしまいました><どちらかと言うとピーマンに近く、辛さもさほど強くありません。手打ちのパスタは、岩手の小麦「ゆきちから」。岩手の魅力が盛り込まれたパスタです。
f:id:minezaki:20150807180108j:plain

盛岡短角牛の低温ロースト

パスタの時も感じたのですが、ジョアンシェフの作るソースがとても美味い!
噛みしめるほどに染み出る赤身肉の旨味とソースがあわさり絶品でした。
f:id:minezaki:20150807181147j:plain

ドルチェミストと紅茶

食後に紅茶をいただきましたが、この紅茶「マリアージュフレール・ボレロ」だそうです。
茶葉と花びらの香りが豊かでほんのり蜂蜜の香りも感じとても美味しい紅茶でした。
f:id:minezaki:20150807183016j:plain


ジョアンズキッチン・シャトンへ伺う前の印象は、盛り付けが特にきれいだなと思っていましたが、実際に食べてみて感じたのは、味のベースがしっかりとしていて、非常に手を掛けた料理になっていたことです。一皿ごとの輪郭がはっきりとしとても美味しい料理の数々でした。

ジョアンシェフを始めスタッフの皆様、大変ごちそうさまでした。


お店のご案内

ジョアンズキッチン・シャトン
岩手県盛岡市内丸16-16
TEL:019-653-0234

chatons.cocolog-nifty.com

シャトンイタリアン / 上盛岡駅

夜総合点★★★★ 4.2