読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポリピッツァ食人協会 青年部長

全国ピッツェリア訪問340店舗以上。ナポリピッツァやイタリア料理をはじめ、たまには違うジャンルの食べ歩きをメモ書き程度に綴ります。

日本一のナポリピッツァ職人を決める大会「ナポリピッツァ世界選手権カプートカップ日本大会2015」

Campionato Mondiale del Pizzaiuolo Trofeo CAPUTO in Giappone

第三次ナポリピッツァブームと呼ばれている今。ここ2年ぐらいの間にナポリピッツァをメイン料理として提供するピッツェリアが大都市だけにとどまらず地方でもどんどん新規オープンしています。

現在の日本のピザ業界は大きく分けて次の様に分類されていると考えます。

  • 宅配ピザ(ピザーラ・ドミノピザなど)
  • ナポリピッツァ
  • ワンコインピザ
  • ローマピッツァ

ナポリピッツァ(Pizza Napoletana)がその他のピザと違う大きな点は、作り方が明確に規格化されているという事です。
規格化された中でもD.O.C.やS.T.G.といった使う材料の産地縛りによって規約が変わります。
今回開催されたカプートカップはEUで定められたPizza NapoletanaS.T.G.に沿って、日本ナポリピッツァ職人協会 | Associazione Pizzaiuoli Napoletani in Giapponeの主催で行う伝統的なナポリピッツァの調理の腕前を競う大会です。

ピッツァナポレターナS.T.G.についてはこちらの書籍に詳しく書かれています。
【DVD付き】ピッツァ・ナポレターナS.T.G.: 職人の技術と知識/ピッツェリアの料理

ちなみに、現在日本で開かれているピッツァ関係の大会は確認できるもので2つ。
日本ナポリピッツァ職人協会が主催する「ナポリピッツァ世界選手権(カプートカップ)」と、RED-JAPANピザ職人協会が主催する「JAPAN PIZZA GAMES」のみ。
真のナポリピッツァ職人協会とマルゲリータ・レッジーナ協会は、残念ながら現在日本国内での大会は行っていません。

第3回 ナポリピッツァ世界選手権カプートカップ日本大会

3回目の開催となったカプートカップ日本大会。2015年10月26日と27日の2日間にわたり実施されました。
第1回大会と第2回大会は、本選の前に東日本予選と西日本予選をそれぞれ行いましたが、今回は書類選考後に本選を行う形となりました。

大会の舞台に選ばれたのは、仙台でもっとも有名なイタリア料理店
「パドリーノ デル ショーザン」
ショーザンには2つのイタリア製薪窯があり、どちらの窯も大会で使用されました。

現在は眠りについている金色に輝く装飾の薪窯

f:id:minezaki:20151027090752j:plain

ピッツェリア パドリーノ デル ショーザンで現役の薪窯

f:id:minezaki:20151026154756j:plain

本大会はSTG部門・クラシカ部門の2部門が開かれ、KIMBO杯とPONTICORVO杯も同時に行われました。

ピッツァナポレターナ S.T.G.部門

EU が定めるピッツァナポレターナ S.T.G.の規定通りのマルゲリータとマリナーラで競技が行われます。

優勝 徳山 志英 選手

f:id:minezaki:20151027182823j:plain

東京都文京区湯島にある「Pizzeria da GIORGIO」のプリモピッツァイオーロです。
フォルナイオ(焼き手)としては、生地の状態にかかわらずきっちりと焼き上げるピカイチの腕前を持っていると思っています。
生地の伸ばし方は丁寧ですが見栄えの華やかさはさほどありません。しかしその丁寧な仕事が焼き上がったナポリピッツァの評価につながったと思います。

第2位 藤村 謙太郎 選手

f:id:minezaki:20151027182528j:plain

山形県鶴岡市にある「穂波街道 緑のイスキア」からのエントリーです。
緑のイスキアでは庄司店長と稲船さんのピッツァしか食べた事がなく、今回はノーマークでした。どこかで食べる機会があったらぜひピッツァをいただいてみたいと思います。

第3位 友澤 佑基 選手

f:id:minezaki:20151027182300j:plain

愛知県名古屋市にある「ソロピッツァナポレターナ大須本店」からのエントリーです。
ソロピッツァナポレターナは全国的にも有名なピッツェリアで、ピッツァを販売する催事も全国に出店し一日に1,000枚近くのピッツァが売れる事もある超人気店です。友澤選手はその中で店長クラスの実力を持つピッツァ職人です。

以下は日本ナポリピッツァ職人協会のFacebookページに記載されましたピッツァナポレターナS.T.G.部門の総合順位です。

  • 1位 徳山志英(Pizzeria da GIORGIO)
  • 2位 藤村謙太郎(瑞穂街道 緑のイスキア)
  • 3位 友澤佑基(SOLO PIZZA Napoletana大須本店)
  • 4位 川井隆弘(パルパスタ)
  • 5位 三橋 享(ピッツェリア パドリーノ デル ショーザン)
  • 6位 大関真吾(ナポリピッツァコジコジ秋田駅前店)
  • 7位 池田伸路(Pizzeria da AOKI "tappost")
  • 8位 今寺淳一(PIZZA SALVATORE CUOMO & BAR 静岡)
  • 9位 稲田 壮(CUORE RUDINO)
  • 9位 永沼紘一(アルベロベッロ)
  • 11位 白石鉄矢(Pizzeria e Bar da Teo)
  • 12位 松谷匡剛(サンジョルジョ) 
  • 13位 河野純一(Pizzerai Massimo)
  • 14位 渡辺 慎(ピッツェリア フォルノ)
  • 15位 竹島明弘(リストランテ ピッツェリア ダルセーニョ)
  • 16位 八柳達彦(ピッツェリア ピアーチェ)
  • 17位 安藤有希(IL NESSO pizzanapoletana)
  • 18位 相馬克仁(Trattoria e Pizzeria De Salita 赤坂店)
  • 19位 清澤博貴(菜園イタリアンブッフェ フォンターナ)
  • 20位 勝俣岳人(トラットリアピッツェリア&バール ロジック横浜)
  • 21位 小野晋寛(Pizzeria ISOLA)
  • 22位 野間裕介(Pizzerai Gtalia da Filippo)
  • 22位 沖津 健(ピッツェリア ダ ジーノ)
  • 24位 李俊樹(Pizzeria Famigllia)
  • 25位 金子健也(Pizzeria con cucina e caffe 青いナポリ)

クラシカ部門

ナポリにあるメニューにオリジナリティを加えたピッツァで競技が行われます。

優勝 岡田 智至 選手

f:id:minezaki:20151027181940j:plain

東京都足立区にある「ピッツェリア エ トラットリア アダッキオ」を営むピッツァイオーロです。ピッツァ職人としての経験は豊富、料理人としても腕前もピカイチで私の今大会の注目選手の一人でした。

第2位 山口 真希 選手

f:id:minezaki:20151027181549j:plain

大阪府大阪市にある「ピッツェリア アッソ ダ ヤマグチ」からのエントリーです。今大会で入賞した方々のお店では唯一名前を存じなかったピッツェリアでしたので、次回の大阪遠征時には必ず行ってみようと思います。

第3位 芝本 まどか 選手

f:id:minezaki:20151027181327j:plain

愛知県名古屋市にある「ソロピッツァナポレターナ」からのエントリーです。イタリアネームはマリア。ソロピッツァナポレターナでは店長クラスの腕前を持ち、昨年は国内のイタリア展催事に携わり、今年は海外のソロピッツァナポレターナの立ち上げに携わっていらっしゃいます。

以下は日本ナポリピッツァ職人協会のFacebookページに記載されましたクラシカ部門の総合順位です。

  • 1位 岡田智至(アダッキオ)
  • 2位 山口真希(Pizzeria Asso da yamaguchi)
  • 3位 芝本まどか(SOLO PIZZA Napoletana大須本店)
  • 4位 村田知哉(イル レガーメ)
  • 5位 高山 徹(PIZZERIA CIRO下北沢)
  • 5位 畠山 駿(ピッツェリア パドリーノ デル ショーザン)
  • 7位 石田祥史(ISOLA blu)
  • 8位 河野 浩(ピッツェリア ウノ カンフォーラ)
  • 8位 太田桂輔(ピッツェリア ファンタジスタ ドゥエ)
  • 10位 鈴川充高(ピッツェリア アミーチ)
  • 11位 大久保英二(Pizzeria Gtalia da Filippo)
  • 12位 飯岡憲二(モンテロマーノ)
  • 12位 長尾晃久(pachi pachi)
  • 14位 稲船洋行(瑞穂街道 緑のイスキア)
  • 15位 奥野嘉徳(Pizzria Due Sette)
  • 16位 牧 一心(石窯ピッツェリア オーシャン)
  • 17位 下間葉都美(Pizzeria da GIORGIO)
  • 18位 土居英明(C.I.R.C.O)
  • 19位 小出達也(Pizzeria 347)
  • 19位 武内加奈(Pizzeria & Bar RICCO)
  • 21位 小倉裕幸(Pizzeria Terzo Okei)
  • 21位 杉原匠海(Asso da Yamaguchi)
  • 23位 遠藤秀雄(ロジック池袋)
  • 24位 弓田貴博(イルソーレTEN-3)
  • 25位 鈴木智材(近江バールNadeshico)

ナポリピッツァ職人のためのナポリピッツァ職人による大会

今回で第三回を迎えた日本ナポリピッツァ職人協会主催の大会。初年度は少なかった会員も今では3倍以上に増えて勢いを見せています。協会曰く今年は現状維持の年、静かに力を蓄える年と位置付けていました。来年は更に大きく活発的に活動できる協会に成長すると期待しております。

f:id:minezaki:20151027170211j:plain

日本ナポリピッツァ職人協会へご提案

大会と並行して私の趣味である全国ピッツェリア巡りも敢行し仙台市内のピッツェリアを6店舗ほど伺わせていただきました。何店舗かは大会の案内を頂いたのでそれぞれのお客様にも一般参加の案内をしようと思われたそうですが、場所と日時がよくわからずご案内できなかったそうです。
現在、地域ごとのイベントで各ピッツェリアが出店しているケースはよく見かけますが、所詮は個人店レベル。ナポリピッツァと言う大きな看板を全国的に宣伝するイベントが現在日本にはありません。ピッツァ業界を盛り上げると言う目標を協会として掲げていらっしゃいますが、作り手だけが盛り上がってもマーケットは育ちません。
ナポリピッツァ職人の育成と共に、日本で一番大きなナポリピッツァ職人の大会として広め、ナポリピッツァの認知度アップを目指す。ナポリピッツァを知った消費者が近くのピッツェリアに足を運びナポリピッツァを消費していく。そんな位置づけの大会になっていかれることを強く望みます。

また、今年の鹿児島で行われたナポリ祭は外部からFacebookの有料広告とTwitterを回し、汐留イタリア街ピッツァサミットはボランティアスタッフとして広報を担当しましたが、どちらも数万人規模の動員数を上げています。SNSでの告知はまだまだ一般顧客の集客手段として有効ですので次回はその辺もしっかりと!