突撃!となりのイタリアン

旅行の合間に立ち寄ったお店や、イタリア料理店での記録を綴っています。

フランス食材と富山の恵みを楽しめる本格フレンチ ラ・テューリップ(富山県砺波市)

せっかく北陸地方へ観光にきたので、いつも食べているイタリアンばかりでなく和食やフランス料理も楽しもうと思い、富山県砺波市にある「ラ・テューリップ」に伺わせていただきました。

f:id:minezaki:20160108114620j:plain

ランチ用に準備されたリーズナブルなコースもありましたが、折角なのでディナーのコースをお願いしてお出しいただきました。

アミューズ 特製パテとブリの昆布締め

ブリは昆布で締めていらっしゃるそうです。生でいただくよりも旨味を強く感じ、身もしっとりとして美味かったです。
富山は北前船の関係で昔から質の良い昆布が手に入り、昆布締めは地域に深く根付いている調理法と伺いました。またラ・テューリップがある砺波市の隣町は、寒ブリのブランドで有名な氷見漁港や新湊漁港があります。地域の特色が色濃く感じました。

f:id:minezaki:20160108115721j:plain

f:id:minezaki:20160108115733j:plain

前菜 ズワイガニと白菜のゼリー寄せ ビーツのソース

この時期の白菜は甘みがのって美味しいです。ズワイガニの身も甘く、ビーツのソースの風味がそれぞれをうまく一つにまとめています。

f:id:minezaki:20160108121511j:plain

スープ カブとシャンピニオンのスープ

白とホワイトブラウンの色合いが気持ちをすっきりさせてくれます。味の広がりをトリュフが一つにまとめてくれました。

f:id:minezaki:20160108122511j:plain

魚料理 新湊産マトウダイを甘エビのアメリケーヌソースで

香りもよく身もふっくらしたマトウダイ。皮目もぱりっとして美味い。フレンチの王道ですね。
富山湾の甘エビをこれでもかっと言うほど贅沢に使ったアメリケーヌソースもまた美味しかった。

f:id:minezaki:20160108123814j:plain

肉料理 シャラン産鴨の低温ロースト

シャラン産鴨のローストをいただくのはまだ2回目なんですが、独特の風味があって美味しいですね。
ソースとともに付け合せのお野菜もいい仕事をしていました。

f:id:minezaki:20160108125333j:plain

デザート メレンゲ菓子と苺ソース

ふんわりサクッと焼かれたメレンゲのボールの中に美味しさが詰まっていました。

f:id:minezaki:20160108131954j:plain

f:id:minezaki:20160108132116j:plain

食後は、焼き菓子と紅茶で美味しく締めくくりました。

f:id:minezaki:20160108133443j:plain

フランス食材と、富山湾の海の幸と地場の野菜をうまく組み合わせた王道のフランス料理。
お店の作りも温かみを感じ、ゆっくりとした極上の時間を過ごすことができました。
ブログを書くタイミングで改めてお出しいただいた料理を振り返ると、オーナーシェフ中村さんの温かい心遣いを感じることができました。

また、富山県砺波市はチューリップの球根栽培で有名な町だそうです。
砺波市の市章もチューリップの花の形をしていて、オーナーシェフ夫妻の地元愛を強く感じました。

yokoso.city.tonami.toyama.jp

お店のご案内

フランス料理 ラ・テューリップ
富山県砺波市狐島185
TEL:0763-33-7383
ランチタイム: 11:30~13:30(ラストオーダー)
ディナータイム: 17:30~20:00(ラストオーダー)
定休日:月曜日
現在は予約を中心に営業されているようなので、事前にお電話をされることをおすすめいたします。

ラ・テューリップ公式ホームページ
ラ・テューリップ | 富山のフランス料理 | 富山県砺波市のフランス料理店

ラ・テューリップ公式Facebookページ
フランス料理レストラン ラ・テューリップ