読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポリピッツァ食人協会 青年部長

全国ピッツェリア訪問340店舗以上。ナポリピッツァやイタリア料理をはじめ、たまには違うジャンルの食べ歩きをメモ書き程度に綴ります。

ピッツァ リーヴァ(PizzaRiva)|広島県広島市にある真のナポリピッツァ協会認定店

広島市西区横川町。交通の要所として栄え、日本最初の国産乗合バス誕生の地としても知られています。

JR横川駅前の風景

f:id:minezaki:20160130130403j:plain

全国ピッツェリア巡り256店目 ピッツァリーヴァPizzaRiva

JR横川駅から歩くこと数分の場所にピッツァリーヴァはあります。柑子色の壁に「真のナポリピッツァ協会認定店」の看板が輝く建物。入口の近くは、ガラス戸になっており夏場はたぶん解放できるのかなと思う素敵な作りです。

ピッツァリーヴァのランチタイムは12時から。この日の午前中は平和記念公園と広島城跡をみてまわり、オープンと同時にお店へ伺いました。

広島平和記念公園と広島城

予約なしで12時に合わせて伺ったのですが、正直席が危なかったです。私の後に同じく予約なしで来店されたお客様は何組か待たなくてはならないと言う人気っぷりした。

ピッツァリーヴァでのランチ

ピッツァ マルゲリータ

ピッツァリーヴァの生地は、小麦粉の風味が残り口に入れた時の弾力も良い塩梅です。また、チーズとトマトソースのバランスと熱の通り具合も大変良かったです。

f:id:minezaki:20160130121043j:plain

ピッツァ ブリアンゼッタ2

ブリアンゼッタは、2層に巻いて燻製を掛けたハムがトッピングされたピッツァ。記憶違いでなければ、チーズと生クリームがベースになっています。
この組み合わせ、私が今まで食べた旨いピッツァの中でベスト1のトッピングです。

f:id:minezaki:20160130122144j:plain

ナポリピッツァのチェックポイント

ナポリピッツァを食べ歩くマニアは、よく生地の断面もチェックします。リーヴァの生地の断面は、適度な大きさの気泡がしっかりと残っています。
なおかつ火も生地の芯までしっかりと通っており見事な焼きの技術です。

f:id:minezaki:20160130122233j:plain

シチリア島発祥のドルチェ「カンノーロ」

小麦粉ベースの生地を円筒に巻きつけて焼き上げ、中にリコッタリーズベースのクリームを詰めたシチリア発祥のイタリア菓子。カンノーロ(カンノーリ)自体いただくのは4回目ぐらいですが、ピッツァリーヴァのカンノーロは、ちょっとメルヘンチックな飾りつけで楽しい!カリッとした生地とクリームを一緒にいただきました。

f:id:minezaki:20160130123650j:plain

最後に特製ジェラートでおいしく〆

f:id:minezaki:20160130123622j:plain

あとがき

私がナポリピッツァの食べ歩きを始めた2012年。
イタリアナポリに本部を置く「真のナポリピッツァ協会」は、日本でのナポリピッツァ普及の為に日本支部(2015年、真のナポリピッツァ協会の日本支部は廃止され、現在はエリアリーダー制に変更)を置いていました。全然ナポリピッツァ業界には詳しくなかった私ですが、当時の真のナポリピッツァ協会日本支部 執行部の方々が、私が初めて覚えたナポリピッツァ業界で著名な方でした。

当時の真のナポリピッツァ協会日本支部 執行部は下記の体制でした。

支部長  西川 明男 氏(さくらぐみ)
副支部長 渡辺 陽一 氏(パルテノペ)
監事   大岡 隆則 氏(ピッツァリーバ)

今回訪れたピッツァリーヴァは、この時監事を務めていらっしゃいました大岡隆則さんがはじめられたお店だと伺っております。そして今ピッツァリーヴァの真のナポリピッツァは、見事に息子さんである大岡修平さんへ引き継がれ素敵なナポリピッツァを提供されていらっしゃいました。一代で大きくなったお店や会社は素晴らしいですが、立派な後継者を育て上げて看板を後世に残すことができるお店や会社は更に素晴らしいと思います。

この広島の地で末永く利用されるお客様に愛されるお店であり続けてもらいたいと思いました。

お店のご案内

真のナポリピッツァ協会認定店No.205
PizzaRiva(ピッツァ リーヴァ)
広島県広島市西区横川町1丁目7-20
TEL:082-293-4741

www.pizzariva.com

受賞歴

第1回 ナポリピッツァオリンピック
【クラシカル部門 金メダル獲得】
2012.7.3-7.5 伊ナポリ チッタデッラシェンツァ

ミシュランガイド広島 2013-特別版
【ビブグルマン掲載店】